木場潟公園ドッグランができるまで
 


☆きっかけ☆
 愛犬の散歩で木場潟公園へ訪れているうちに顔見知りになった私たちは、近年、犬連れの来園者が多くなり、それと比例して犬の糞害など多くの苦情なども増えていることを耳にし、同じ愛犬家として肩身の狭い思いをしていました。
 また、『犬も家族の一員』と考える私達は、「ドッグランがこの公園にもあったら・・・」と考えるようになりました。

☆署名活動☆
 「ドッグラン」というコミュニケーションの場を通して、愛犬を連れて来園される方々にマナーアップを推進し、飼主としての自覚と責任を持って頂くことで、木場潟公園に来園されたすべての方が「安心・安全・快適」に楽しめていただけたらと考え、平成15年度に約2200名の署名を添えて小松市にドッグラン設置の陳情書を提出したり、県へも設置の要望強く働きかけました。
☆「木場潟愛犬クラブ」」誕生☆
 具体的にドッグランが実現に近づいたのは、それから7年後の平成22年のことです。
 単なる愛犬家の集まりであった私達でしたが、「木場潟愛犬クラブ」というボランティアグループとしての組織化を進めるとと共に、石川県や木場潟公園協会との協議を何度も重ねました。
☆仮設〜本設まで☆
設置場所や利用規約の作成など、何度も話し合いを重ね、遂に平成22年7月8日、「仮設」という形ではありますが、「木場潟公園ドッグラン」がオープンしました。ボランティアの運営による県内では初の「公設ドッグラン」です。
 そして、沢山の利用者の皆様とボランティアの方々に支えられ、2年後の平成24年4月には念願の「本設」となり、現在に至っています。



w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++プロフ++